ヘッダー

熱中症 食べ物 飲み物

皆さんこんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の秋保です(^^♪

 

タイトル通り、ペットの熱中症について話したいと思います。

 

ペットの熱中症(特に犬に多い)は、人間と同様高温多湿な環境に長時間いることで体温の上昇・脱水状態になる病気です。

 

【初期症状】

ハァハァと激しい呼吸(パンティング)、粘膜の充血、頻脈(脈が速い)が見られる

 

【悪化すると…】

ぐったりする、下痢嘔吐、けいれんetc…

 

【予防と対策】

外の気温を考慮した散歩の時間の選択が大事です。地面から近いところを歩く犬は気温以上に高温の環境下に晒されるので、朝夕の涼しい時間に出かける際も実際にアスファルトを触って暑くないか確かめましょう。

室内では風通しを良くし、室温を26度以下に維持するように心がけましょう。

 

【応急処置】

熱中症は致死率が高いです。1秒も早く体温を下げることが大事になります。全身に“常温の水”をかけたり、濡らしたタオルで包み涼しい場所に移動しましょう。

この際、冷水や氷、アイスノンを用いると体表の熱は下がりますが、深部温度が下がらず各臓器への負担が増えるため逆効果になるので注意してください。

仮に症状が軽快した場合でも、直ちに動物病院を受診してください。

 

ここ最近暑い日が続いております。

大事な家族を守るためにも、正しい知識を身に着け最悪を想定した準備を常日頃からしましょう!

 

私自身、高齢の猫を飼っているので日々体調の変化に注意して行きたいと思います。

↓愛猫の“ぐりちゃん”です(#^^#)

はいかわいい

 

#ペットの熱中症#北船岡整骨院#柴田町整骨院

 

こんにちは!北船岡整骨院の高橋です。

毎日30°越えの暑さでで体調を崩しやすくなっている方も多いと思います。

テレビでもしょっちゅう熱中症の言葉を聞きますがそもそもどんな症状が出るの?という方もいると思います。

熱中症は大きく分けて3段階あり

1度(熱失神・熱けいれん、現場での応急処置で対応できる軽症)
めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗

2度(熱疲労、病院搬送が必要な中等症)
頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感

3度(熱射病、入院して集中治療が必要な重症)
意識障害、けいれん、手足の運動障害、体に触ると熱いぐらいの高体温

といった症状がでます。

が!これらの症状は食べ物飲み物にちょっと気を付けるだけで

予防することができます。

今回は熱中症に効く食べ物飲み物をご紹介したいと思います。

 

まずは夏の飲み物の定番 「麦茶」です!

暑さのために大量に汗をかくと、体内の水分やミネラルが不足して身体の調整機能が破綻してしまい熱中症を招きます。ミネラルは人間の体の中では作ることができないため、ミネラルが含まれている「麦茶」を飲むことは熱中症対策として有効と言えます。

続いては「スイカ」!

スイカは水分が90%以上と非常に豊富。さらに糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できます。

夏の定番を紹介しただけじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、

それだけ先人の知恵は偉大だったという事で、、、。

熱中症はいつどこで起こっても不思議ではない症状です。

普段の生活の中で予防策をとっていきましょう!