ヘッダー

2018年 5月

皆さんこんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の秋保です(*’ω’*)

 

今回は6月の受付時間について告知します。

 

6月は祝日がない(泣)

ので、下記の通り通常の受付になります。

 

平日 9:00~13:00 15:00~20:00

土日 9:00~17:00

 

もうすぐ1年も折り返し。

社会人になってから月日が経つのが早く感じます。

1日1日は長く感じますが(笑)

 

気温も上がり、熱中症の件数も増えてくる時期なので

皆さん水分補給は忘れずに行いましょう!

 

ではまた!

 

#柴田町の整骨院#6月の受付時間#熱中症

皆さんこんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の秋保です(*’ω’*)

 

さて、タイトルにもある通り今日は「主婦休みの日」らしいです(笑)

 

 

はじめて聞いた!という方も多いのでは?実は私も今回調べるまで知りませんでした。

 

主婦休みの日サンケイリビング新聞社2009年から提唱する日本の記念日

年3回、1月25日5月25日9月25日であるとする。

  1. 家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。
  2. 家族が元気になってニッポンも元気になる日。
  3. 夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日。

としている。

※Wikipedia参照

 

名前のとおり、いつも頑張っている主婦(主夫)の労をねぎらう日のようですね。

 

いつも、奥さん、お母さんに家事仕事を頼ってしまっていませんか?

 

照れくさくても、主婦休みの日を口実に少しでも家事を助けて上げれたらお互いにとってとても良い事だと思います。

 

そして主婦の方は空いた時間に整骨院に来て体の不調を解消しましょう(笑)

 

自分は帰宅したら、母の体をほぐしてあげたいと思います。

 

それでは!!

 

#柴田町の整骨院 #主婦休みの日 #リフレッシュ #5月25日

 

こんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師、櫻井です。

 

明日は柴田町の小学校で運動会がありますね。

近所の家のベランダでは、てるてる坊主が数日前からつるされてます(^^♪

予報では朝に雨があがるみたいなので、無事に開催されるといいですね!

 

今も親子リレーはあるかわかりませんが・・・

 

日頃、運動不足、久しぶりに走って子供にかっこいい姿を見せよう!

と急に走ってアキレス腱断裂など起こさないように

準備運動はしっかりと行いましょう!!

 

準備運動は

①体と心の準備のため

②体を温めるため

③怪我を予防するため

という目的があります。

 

準備運動といっても難しく考える必要はありません。

・その場で軽く走る(足踏みでもOK)

・屈伸運動

・肩甲骨まわし

・腕まわし

・股関節まわし

など簡単な動作で十分です!!!

 

日頃の運動もそうですが、

運動の際は準備運動を行ってから運動を行っていきましょう!

 

私も日頃運動不足な為、プールに通おうと思っていますが・・

 

1か月前から行こうと思ってますが・・

まだ実行に移せていません(;O;)

来週こそ!!

 

行こうと思います(^^♪

 

 

明日運動会の小学生のみなさん

保護者のみなさん

怪我や熱中症には気を付けて頑張ってくださいね!!

 

北船岡整骨院は土日も受付していますので

もし怪我をしてしまったらご来院くださいね。

 

それではまた~

 

#運動会#柴田町#整骨院#アキレス腱断裂

#準備運動#準備体操#怪我予防

 

こんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師 櫻井です。

GWもあっという間に終わり、5月後半に入りましたね。

気温が高い日も多くなるので、水分補給をしっかりと行い熱中症には気をつけましょう!

お肌の天敵、紫外線対策もお忘れずに(^^ゞ

 

今回は5月限定のお得キャンペーンについてご紹介します。


①美容鍼(顔)お試し1回 1000円

②美容鍼(顔)4回券 6000円

③ほぐし30分4回券 8000円

④エアリフト(美顔器)+ヘッドマッサージ4回券 6000円

どのメニューも2000円以上お得です!!

 

エアリフトや美容鍼に興味がある方はぜひお試し下さい。

※美容鍼は電話予約をお願い致します。

 

販売期間は5月31日までになりますので、お早めにお問い合わせください♪

 

#お得キャンペーン #ほぐし #美顔器 #美容鍼 #顔の鍼

 

 

どもッ!柔整師 高野です!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

最近曇りがちな天気が一転して今日は、見事な快晴ですがいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今日はゴールデンウィーク明けという事でもあるので、「五月病」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

出会いと別れの季節、春。4月から心機一転、転職して新しい職場で働くという方も多いのではないでしょうか。また、転職ではなくても異動や転勤などで、環境が変わるという方もいるでしょう。環境が変われば人間誰しもが適応しようとしますよね。でも、うまく適応できなかったら憂鬱な気分になってしまうのではないでしょうか。それが、「五月病」です。

 

ちょうどゴールデンウィークを過ぎた頃に発症するケースが多いため、医学的な病名ではないものの五月病と呼ばれています。「通過儀礼的なものだから放っておけば治る」と楽観視する人もいますが、五月病をこじらせてうつ状態になり、会社に行けなくなってしまったという実例も。「五月病なんて…」と軽んじることなかれ。転職先や異動先でイキイキと働くためにも、原因と予防方法、そして万が一発症してしまった場合の対処方法を紹介します。

そもそも五月病の代表的な症状とは?

□睡眠障害(夜眠れない、朝起きられない など)
□免疫力の低下(風邪をひきやすくなる)
□頭痛
□食欲不振
□めまい、動悸
□会社へ行きたくなくなる
□イライラする
□焦りや不安を感じる
□何をするにも面倒くさくなる
□周りのことへの興味・関心がなくなる

ザックリ出すとこんな感じです。これらの項目から3つ以上該当している場合は、いわゆる五月病の可能性があります。もちろん該当項目が多ければ多いほど、その可能性が高くなります。

そもそもなぜ、五月病にかかってしまうのか、ポイントとなるのは、環境が変わると人間は自分でも気付かないうちに肉体的・精神的な疲労を蓄積させてしまうことがあるということです。4月に知らず知らずのうちに抱えていたストレスが、ゴールデンウィークで緊張の糸が切れることで一気に重くのしかかってくる。それにより、五月病の症状が起きてしまうといわれています。

これまでは五月病にかかる人の特徴として「責任感が強い」「几帳面」「完璧主義」「忍耐力が強い」「理想を掲げている」などが挙げられてきましたが、近年ではこれらに当てはまらない人でも発症しているとのこと。環境の変化をストレスに感じる人は非常に多いのです。「自分は関係ない」と思うのではなく、「自分もかかってしまう可能性がある」ということを認識しておいたほうがよさそうですね。

誰にでも発症の可能性がある五月病ですが、予防するためには何をすればいいのか、予防のために心がけたいポイントを3つご紹介します。

①ストレスを溜めないようにする。

環境が変わると、人は無意識のうちに適応しようとします。普段なら反論するようなことでも、「まずは馴染まなきゃ!」という意識が働き、知らず知らずのうちに自分の意見を飲み込んでしまっているということもあるものです。もし「あれ?」と思ったら、きちんと発信する。発信しづらければメモなどにとっておいて、家族や友人に聞いてもらうようにしましょう。

②張り切り過ぎないようにする。

転職したり、異動したりすると、「早く活躍しなければ…!」と肩に力が入ってしまいがちです。スタートダッシュは大切ですが、飛ばしすぎるとガス欠してしまいます。上司とコミュニケーションをとり、いつまでにどのくらいの成果を残していけばいいのかをきちんと計画するようにしましょう。

<3>ゴールデンウィークの過ごし方に気をつける。

仕事を忘れてリラックスする時間を過ごすことと並行して、生活のバイオリズムを崩さない(徹夜で遊ばない、“寝だめ”しない など)ようにすることが大切です。

もしかして、五月病かも...?  と思ったら。

まずは予防法でもご紹介した「ストレスを溜めない」「張り切り過ぎない」を実践するということが大切です。具体的には、「残業しない」「早寝早起きを実践する」「バランスのいい食事をとる」などですね。調子が出ないのであれば、自分に負荷をかけないということが大切です。

それでも回復しなければ、無理をせずに病院へ行きましょう。神経科や心療内科などへ行き、専門医のアドバイスを受けることが大切です。症状が悪化してしまえば、より深刻なうつ病になりかねません。時間はかかるかもしれませんが、気長に付き合っていくようにしたいですね。

以上が五月病に関する解説です。ぜひ参考にしてみてください。また、もし自分は大丈夫だとしても、周囲には五月病になっているのに気付いていない人がいるかもしれません。「ゴールデンウィーク以降様子がおかしい」と思ったら、積極的に声をかけるなどして、ストレスをリリースできるようにサポートしたいですね。

でわッ!(‘◇’)ゞ

#五月病#モチベーション#整骨院#北船岡#イオン船岡店

どもッ!柔整師 高野です!!!

 

GWも終わり、今週から仕事が始まっているかと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

世間では最大9連休の方もいる中、休み呆けがなかなか抜けきらず、仕事に身が入らない!という方もいるのではないでしょうか。

 

 

 

さて!今回はタイトルの通り、太る人がやりがちな食生活を紹介します!!!

 

 

体重が増える人、痩せない人には食事の摂取方法にパターンがあり、そのパターンは、特に、親元を離れて一人暮らしをしていたり外での食事の機会が増える社会人に当てはまっているケースが多く、社会人になってからの食スタイルはその後の人生の体重・体型を大きく左右します!

 

 

 

学生時代にはなかった、社会人ゆえのストレスなどが原因で過食に走ることも体重が増える原因の1つとして挙げられますが、太る食生活のパターンに知らず知らずのうちに陥っていることが、社会人になってからの体重増加に大きく関係しています。

 

今回はその太る人の食事パターンTOP3を紹介します!

 

 

 

第3位「主食の2重摂取」

主食の2重摂取とは、1回の食事でパンとご飯、ご飯と麺類、というように主食を2種類以上食べることです。コンビニで朝食を買う時に「サンドイッチとおにぎり」を選んでいたり、昼食のそば屋さんで「天丼とそばのセット」を注文していたり、夕食に「パスタとパン」を注文していたり……。これらが主食の2重摂取に当てはまります。

 

 

特に1人暮らしで家族の食事を用意する必要がない人や、1人で簡単に食事を済ませられる立ち食いそばや中食を提供しているお店で食事を簡単に済ませる男性に多く見られるパターンです。

 

 

また、これは食事と食事の間が長く空腹感が強くなった時にも見られる食行動で、エネルギー不足を感じた体がてっとり早くエネルギーチャージするために高カロリー食を欲することによるものです。

 

 

頻繁に主食を2重摂取している人は、空腹の時間を長く空けすぎないように気を付け、主食ではなくおかずのボリュームで満腹感を出せるような定食スタイルの食事を選ぶように心がけましょう!!!

 

 

 

 

第2位「21時以降の食事をしている」

あるいは昼夜逆転の生活をしている人なら、就寝の3時間前以降に食事を摂っているパターン。夜遅ければ遅いほど太りやすくなるのは周知の事実ですが、その主な原因は2つ。

 

1つは、食後の活動量が少ないため食べたものが体脂肪として蓄積されやすいこと。もう1つは、脂肪細胞に脂肪をためこむ働きのあるたんぱく質が、日中よりも夜に活発に活動することがわかっています。

 

 

これらを考慮すると、同じものを食べたとしても、体脂肪として体に蓄積される量は夜の方が多いということです。社会人になると帰宅が遅くなったり、お付き合いの席が増えて夜遅い食事の回数も増えてきます。

 

ダイエットのためには21時以降は何も口にしないのがベストですが、仕事などの都合でどうしても避けられない場合は、夕方におにぎりなどの主食を食べておき、それ以降の食事はおかずのみを食べる分食を行うと良いでしょう。夜遅い時間に主食を食べないだけでもダイエットの効果は高くなります。

 

 

ストイックに頑張れるのなら、果物や糖質の多い野菜(イモ類、かぼちゃ、にんじん、トマトなど)、ソースやケチャップ、砂糖で味付けしている煮物など糖質の多い調味料も避けて夜のみ糖質制限食を取り入れるのも良いですね。

 

 

私自身もよく仕事終わりに、小腹がすいたと言って、近くの牛丼屋さんで大盛り2つ頼んでしまいます…..。

 

これからは大盛り1つで我慢しようと思います(笑)

 

 

 

第1位「朝食抜きで1日1~2食」

こちらも、特に1人暮らしをしている人に当てはまることが多く、「朝食の欠食」については、厚生労働省の「国民健康・栄養の現状」の調査項目にもあるほど、現代の課題点として挙げられています。

 

 

朝食を抜くと、空腹感が強くなることで昼食の暴食を招き、さらに空腹感が強いから主食中心の食事になったりお菓子の摂取量が増えて野菜やたんぱく質の摂取が必然的に少なくなり栄養バランスが悪くなります。主食やお菓子などの糖質に偏った食事が中心ですから、当然体重は増加します。

 

 

 

ダイエットにおいては最もマイナスと言うべき食行動ですが、血糖値の変動が激しくなることから糖尿病の原因になるとも言え、健康のためにも良くありません。

 

 

きちんと朝食を食べてから出かけ、1日3食食べるのが望ましいスタイルですが、朝から食欲が出ないという人もいるでしょう。そのような人は、前日の夕食を早い時間に、そして軽めにし、朝はいつもより30分早起きをして朝食までの間に時間を作って空腹感をしっかり感じられるようにすると良いでしょう。

 

 

 

 

以上が太る人のやりがちな食事パターンですが、これらに当てはまっていると、いくら運動を一生懸命頑張ってもダイエット効果を出すのは難しくなってしまいます。食事改善に努めつつ、平行して運動を習慣化すれば今よりも早いスピードで減量が進むでしょう。

 

 

でわッ(‘◇’)ゞ

 

 

#健康#健康寿命#ダイエット#肥満#暴飲暴食#炭水化物と炭水化物#整骨院#北船岡

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!北船岡整骨院の高橋です。

G・W後半に入りましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

行楽地に行って楽しむ方も多いと思いますが、連休と切っても切れないものが

渋滞ですね!ノロノロと車を走らせていると睡魔に襲われるという方は少なくない

と思います。今回は眠気防止のツボをご紹介します。

中衝(ちゅうしょう)

眠気覚ましの特効穴です。場所は、手の中指の爪の、人差し指側の生え際の2mmほど下です。大きく深呼吸しながら、反対の手の親指と人差し指で挟み込んで強く揉みます。左右の指とも、やりましょう。イライラする気分を落ち着かせる効果もあります。

 

労宮(ろうきゅう)

手のひらのほぼ中央で、手を握ったときに中指の先が当たるところにあります。ボールペンなどで、腕までズーンと響くくらいの強さで押しましょう。上半身の血行を良くするので、肩こりにも効果があります。

 

今年のG・Wの渋滞のピークは5日と言われています。

早めの休息をとって安全運転を心がけてください!