ヘッダー

2018年 6月

皆さんこんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の秋保です(^^♪

 

今日は7月の受付時間についてです。

 

平日  am 9:00~13:00  pm 15:00~20:00  (13:00~15:00昼休憩)

土日       9:00~17:00             (昼休憩なし)

 

となります。

 

16日の海の日は月曜日ですが、祝日シフトとなり

9:00~17:00  (昼休憩なし)

になります。

 

お間違えの無いようよろしくお願いします。

 

北船岡整骨院では、予約して頂いた患者さんを優先的に施術しているので、来院される際は事前の電話予約を推奨しております。

もちろん予約なしでの来院でも施術は行えますが、待ち時間ができる可能性がありますので時間には十分余裕をもって来院してくださいね!

 

#柴田町の整骨院#北船岡整骨院#7月の受付時間

 

皆さんこんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の秋保です(^^♪

 

毎日暑いですね~汗

それもそのはず。なんと来週からは7月です。

早い、、、この一言に尽きます。

 

さて今回は、その7月から多くなる溶連菌感染症についてご紹介していきたいと思います。

 

溶連菌感染症は溶連菌、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌に感染することで起こる感染症です。

上気道炎や化膿性皮膚感染症などの原因菌としてよくみられるグラム陽性菌で、菌の侵入部位や組織によって多彩な臨床症状を引き起こすことが知られています。

 

代表的な症状としては

  • 38℃以上の発熱
  • 喉の痛み
  • 倦怠感
  • 発疹
  • イチゴ舌
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)
  • 蜂窩織炎(皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて化膿性の炎症を起こす)
  • 肺炎  など

 

風邪に酷似しているのでよく間違われる事がありますが、咳や鼻水の症状が出にくいという特徴があります。

咳や鼻水がでていないのに、喉の痛みをともなう風邪のような症状があらわれた場合は、溶連菌感染症を疑い、症状が軽いからと自己判断で済ませず、他の人に感染させてしまう可能性や合併症の危険もあるため、すぐ医療機関を受診しましょう!

 

#柴田町の整骨院#溶連菌感染症#溶血性連鎖球菌

こんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の櫻井です。

今日も暑いですね(._.)

しばらく暑いみたいなので、熱中症&紫外線対策もしっかり行いましょう!

 

今回は美容鍼(びようしん、びようばり)についてです。

最近、テレビなどで取り上げられて、ご存知の方もいるとは思いますが・・

 

美容鍼とは美容を目的とし、基本的には顔に対する鍼治療のことを指します。

(なので美顔鍼と言ったりもします)

 

なぜ顔に鍼をさすと美容効果があるのかというと・・・?

①血流促進

②顔のツボを刺激する

③筋肉を緩める

④コラーゲン生成促進

 

鍼を刺すとそのまわりの血流が促進され、顔にもたくさんの筋肉やツボが存在しているので、それらも刺激していきます。

①②③はなんとなく想像できると思いますが・・

 

なぜ鍼を刺すとコラーゲンが生成されるのか?

肌に鍼を刺すと、肌内に小さな傷がつきます。その傷を治そうとする反応(創傷治癒)が起きる時にコラーゲンが生成され、新陳代謝が促進されるというメカニズムです。

 

という理由から顔のリフトアップ、くすみ、シミ・しわ、吹き出物、むくみ改善などに効果があります。

 

当院では高橋院長が鍼灸の国家資格を有していますので、

安心して施術を受けていただけると思います。

 

興味がある方は当院までお問合せ下さい(^^♪

わたしも今度やってもらおうと思います!

 

ではまた~

#美容鍼 #美顔鍼 #リフトアップ #シミ #しわ

#肌質改善 #吹き出物 #むくみ

 

こんにちは!

北船岡整骨院 柔道整復師の櫻井です。

 

梅雨に入り、毎日ジメジメ・・・

お肌もベタベタ・・・(;O;)

今回は梅雨に起こりがちな肌トラブルについてです!

 

この時期は気温が高くなりお肌も活発になって新陳代謝が良くなります。

その分、汗などによって汚れが溜まりやすく、脂っぽくべたつきがち。

一方では冷房の影響でお肌の水分が奪われて、バリア機能が低下し不安定な状態になっています。

 

また、この時期に気を付けたいのが梅雨の合間からのぞく日差し!!

雨やくもりの日が多いので油断してしまいがちですが、くもりの日も紫外線の量は多いです(;O;)

紫外線はシミ・そばかすの原因だけでなく、しわ・たるみの原因にもなります。

梅雨時期も日焼け止め、日傘などで紫外線対策はしっかり行いましょう。

 

 

北船岡整骨院では美顔器(エアリフト)、美容鍼と美容系のメニューも充実しています!

お肌のトラブルや、調子が悪いと思った方はお気軽にご相談下さい。

エアリフトについての記事はカテゴリー一覧→美容からご覧ください。

 

次回は美容鍼についてお話します!

 

#梅雨の肌トラブル #美容鍼 #顔のハリ #紫外線 #美容

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

北船岡整骨院の梅津です。

 

夏が近づいてくるとよく足をつってしまう!というお話を患者さんからよく聞きます。

では足がつるとはどういう状態かご存知でしょうか?

人間の筋肉には大きく分けて心筋・平滑筋・骨格筋の3つの種類があり

心筋は心臓を動かし、平滑筋は胃や腸などで骨格筋は腕や足などの体を動かす筋肉の事を言います。

骨格筋が自分の意志で動かすことが出来、随意筋(ずいいきん)と言います。

足がつるという状態は本来自由に伸び縮み出来る骨格筋に異常がある時になります。

 

医学的には足がつると言う状態は筋肉に痙攣が起きている状態で筋痙攣と言います。筋痙攣が起きると激しい痛みが伴い、歩行が困難になります。

 

原因としては

筋肉疲労

筋肉の使い過ぎによるエネルギーの枯渇によるもの

体の水分、電解質の乱れ

脱水、熱中症、嘔吐や下痢などにより水分だけでなくカルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムの不足

血流障害

カルシウムなどの濃度を調整しているホルモンは血液中に分泌されます。これに異常をきたすと筋痙攣を起こします。血流障害の原因としては、冷え・加齢・運動不足などがあります。

 

【対処法】

患部を温める、安静にする、水分や電解質(ビタミン、ミネラル)を補給をする等、特に水分や電解質はつる前から補給する事により予防にもつながります。電解質が多い物は野菜、海藻類、麦茶などでスポーツドリンクを水で薄めて飲むこともおすすめです。これから気温がさらに上がり、さらに足がつりやすくなります。皆さん水分や電解質をこまめに取り足がつらないように気を付けましょう!

 

#柴田町の整骨院#足がつる#筋痙攣

こんにちは!

本日から北船岡整骨院で勤務する事になりました梅津です。

先日まで東京に出向していたのですが、本日から北船岡整骨院で勤務する事になりました。

実は1年前までは週に2回ほどヘルプで勤務していたこともあり患者様の中には見たことがある!!と言う方もいると思うので、その際は気軽に声をかけていただければと思います。

 

東京で自堕落な生活を続けていたせいもあり、この1年で激太りしてしまいました(笑)

来る夏に向け絶賛ダイエット中なので、皆様オススメのダイエット法があれば是非教えてください!

 

施術面では、解剖学的構造に基づき、筋肉が異常に収縮している部分や体のバランスを整える施術が得意です。

東京で培ってきた知識、技術を駆使して患者さんが訴える症状やお悩みに真摯に向き合っていこうと思います。

 

これからどうぞよろしくお願いします。

 

 

こんにちは!北船岡整骨院の高橋です。

蒸し暑い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回は室内と外の気温差から生じる腹痛に効くツボをご紹介します。

 

温溜(おんる)

【ツボの位置と押し方】

おなかが冷えたり、食べ過ぎなどで胃腸に負担がかかったりしたときには、腹部の「血(けつ)」や「気」のめぐりが滞ってしまいます。温溜を刺激すると、腹部の「血」「気」のめぐりがよくなり、腹痛の改善につながります。

温溜はひじを直角に曲げたときにできるシワの中央と、手首の親指側にある骨との中間にあります。

暑いと冷たいものを一気に飲んでしまいがちですが急激に内臓が冷えると

胃などの消化器だけでなく心臓などの循環器にも負担がかかってしまいます。

飲み物を飲むときは一気飲みなどはせずに自分のペースで飲むよう心がけましょう!

こんにちは!北船岡整骨院の高橋です。

 

最近は暑い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は体の体液循環に効果的なツボをご紹介します。

 

水分(すいぶん)

そのまんまですね(笑)場所はおへそから親指一本上のところにあります。

効果はその名の通り、体内の水分バランスを調える働きがあり、下痢や腹部の張りといった消化器症状、むくみや排尿困難などの泌尿器系症状改善に効果を発揮します。また、冷えによる背中や腰の痛み、子どもの夜尿症などにも効果があります。

押し方は人差し指と中指を揃えてツボにあて、ゆっくりと押す、緩めるを3分ほど繰り返します。

 

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの上、指4本分で、骨のきわが目安。押すと圧痛のある場所です。

効果は非常に幅広く、体のむくみだけでなく、めまいや立ちくらみ、低血圧症、太りすぎ、やせすぎ、のぼせ、冷えなどがあげられます。

押し方はゆっくり息を吐きながら静かに押して、息を吸いながら離します。
目安としては、一度に続けて3回程度押すと良いでしょう。

 

今回は体の水分調節のツボのご紹介でした。

次回も日々の症状に降雨香的なツボをご紹介しますのでお楽しみに!

 

#ツボ#北船岡整骨院#むくみ#水分代謝