スポーツ障害

スポーツ障害とは一般的にスポーツ活動中に外力を受け発生したスポーツ外傷(1回の力での怪我)と、繰り返しまたは過度の使用により発生したスポーツ障害(オーバーユース)に区別できます。スポーツ障害には野球肘、テニス肘 、 シンスプリントなどよく聞くものから、離断性骨軟骨炎、腸脛靭帯炎など多岐にわたりますが、早期に対処しないと重症化して、関節が変形したり骨が分離したまま治らなかったりと、日常生活に支障が出る事もあり、痛みを我慢していると、将来障害が残ることがあります。
当院では手技療法を中心に、電気療法(低周波・干渉波・MCR・サイバー)・鍼灸・骨盤矯正・テーピングの他にもスポーツでの怪我でお悩みの方に怪我の予防を指導しています。患者さん1人1人に合わせた施術を提供する事で個々人の持つ自然治癒力を最大限発揮させ、1日でも早く競技復帰できるよう、我々も全力でサポートさせていただきます。